ごあいさつ

このたびご縁があり、大野中央で「くろさきクリニック」を開業させていただきました、黒崎達也と申します。よろしくお願いします。

 

簡単な自己紹介をいたします。出身は島根県の出雲市で、大学から広島にやってきました。
大学時代はヨット部に所属しており、週末には宮島沖で練習し廿日市市地御前で合宿生活を送っていました。

 

卒業後は広島大学第一外科に所属し、中国労災病院、広島記念病院、国立療養所畑賀病院、廣島総合病院勤務などを経て大学病院へ帰学、心臓血管外科の診療と研究を行っておりました。大学病院では心臓手術や動脈瘤の手術、足の動脈のバイパス手術、下肢静脈瘤や血栓症などの診療に携わっておりました。

 

研究では医療機器や人工臓器の開発に力を入れておりました。特に下肢静脈瘤治療用のレーザー装置は、尾道の企業と共同研究を行い、昨年、初の国産装置として薬事承認・発売することが出来ました。(この装置については改めてご紹介させていただきます。もちろん、当院で下肢静脈瘤の日帰り手術をする際にもこの装置を使います)

 

開院したばかりで、まだ少しバタバタしておりますが、少しずつ体制を整えております。今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトを広める